イベントカレンダーをクリックするとイベント詳細情報を表示されます。これから日替わり店長やスタッフ達もだんだん増えてきますので、気楽に遊びに来て下さい。

告知:平成28年11月13日から、ふらっとの専用電話070-5373-2324が休止します。m(_。_)m新しい電話の使用をまだ検討しているところですが、後日に改めて連絡させていただきます。申し訳ございませんですが、しばらくの間ですが、用事や連絡は1coin.furatto@gmail.comのほうにお願いいたしますね。よろしくお願いいたします。

ふらっとの行事

木曜日 音楽の日(ギター、ミュシカールなど) 金曜日 創作の日(編み物、切り絵、折り紙、木工など) 土曜日 勉強会の日(当事者勉強会、カフェ講座、人間関係など) 日曜日 イベント、パティー、遠足など 月曜日 のんびりの日、何もしないは基本(^^)

※必要に応じて時間外の相談が可能です。シャッターが空いてたら、いつもご気楽にどうぞ~。または、メールでもオッケーです。

事務室

大仙市子供・若者総合相談センター 特定非営利活動法人光希屋(家) ロザリン研究室(地域作り・若者メンタルヘルス・精神リハビリ)
連絡先:1coin.furatto@gmail.com

Thursday, October 5, 2017

H29 秋田大医学生実習+交流会(木) 

****************************************

≪学生アンケート≫

本日の活動で印象に残った内容・楽しかった活動を教えてください。

〇Kさんと、KNさんのお話
まったくヒトゴトではなかった。いつか自分や周りの人が病気になるかもしれないと思って聞かせていただいた。
音楽演奏
今まで好き勝手に楽器を弾いてきたが、ふらっとの皆さんのような喜び方をしてくれる人はいなかったので、楽器が弾けて歌を歌えるようになってよかったと思った。

〇すべて本当に刺激的な体験だったが、元引きこもり・うつ病の方の話が聞けたことは新鮮で考えさせられるものだった。まだまだ引きこもり,精神病への社会の理解が必要だと思った。

〇自己紹介の部で、色々な方の趣味や意外な面を知ることができてとてもたのしかったです。またテーマトークの部では、自分の中で本当に自分はどのようにしてきたのかを考える良い機会になりました。元々自分は人見知りをする方で、ひきこもりを経験された方に近いものを感じました。

〇壁にぶち当たった時の対処法をみんなから聞けたこと。

〇演奏、歌。ふらっとの利用者さんとのおしゃべり。

〇皆で歌を歌ったり、クッキーを食べれたこと。
 色んな悩みをうちあけあえたこと。

〇Fさん、Jさんとのセッション
 KNさんと食べた大曲ラーメン
 Mさんのクッキー(おいしかった!)

〇利用者さんと学生のセッションがとても楽しかったです。
また、午前中に行った概要説明がても印象に残りました。身の周りにも引きこもり状態の人がいて、どうやったらこの人たちも生きやすい世の中になるのだろうと思っていたので、このような施設は本当にすばらしいと思いました。

〇ひきこもりの方との討論会がとても面白かった。演奏会で交流できたのも良かった。
 ひもで外につれていってほしいと言われたのが少し驚いたが、そういう人もいるのだなと思った。






今日の活動を通して、ひきこもりの人への印象や理解はどんな感じですか?


〇自分と似通った部分が多くあり、他人と本当は接したいと思うのだとわかった。

〇ほとんど普通の人と変わらない。むしろ明るいくらい。話してみると普通に楽しく、友達になれそうだった。クッキーおいしかった。

〇理由はさまざまでも、1人1人悩み方が深刻だと感じました。
それだけ物事に真面目に取り組んでいるからこそだと思いました。

〇ひきこもりになってしまったのは、環境やその時の人間関係の巡りあわせでそうなってしまったんだと感じました。

〇見かけ上はふつうにコミュニケーションをとれる人もいる。(がんばって私たちのために話をしてくれたのだと思いますが)

〇私たちと考えていることはかわらなくて、ただそれをどう抱えこむかが違いなのかなと思った。妥協点を探すとか、逃げ道をつくっておくとかいう意見がでたけど、それくらい皆人間は弱い部分をもっているものだと知ってもらえたならよかったなと思った。

〇今日の活動を通じて、ひきこもりの印象が大きく変わりました。みなさん初対面のぼくたちに心を開こうとして下さり、音楽やおかしなどを通じて、とても楽しくお話させていただけて嬉しかったです。
大学の友だちとも、あれほどうちとけて、かつまじめな話をすることをした経験があまりなかったので、そういうことができたのもふらっとの雰囲気とみなさんの人柄のおかげなのかなあ、と感じました。
「自分の人生失敗だった」といっていた人がいましたが、ふらっとに行ってアットホームな雰囲気の中でおしゃべりをしたり、ほっとできる場所に出会えたというのは失敗ではなく貴重な経験だと思います。またおじゃましたときは、仲良くして下さいね!

〇自分の行動についてとても深く考えて、とても真面目な方々なのだと感じました。

〇ふらっとの明るくアットホームな雰囲気や居心地のよさなども大きいとは思うが、明るく元気で、こちらに対しても開放的に接してくれていたと思った。
話を聞くと、悩んでいることも悩み方も自分と本当に似ていて、自分達と違う部分なんてほとんどないと感じた。

〇うつやひきこもりというのは誰もなりたくてなっているわけではないし、そのことでそうとう辛い思いをしていることが分かった。


【アンケートにご協力ありがとうございました💓】


******************************************

≪スタッフ・利用者アンケート≫

本日の活動で印象に残った内容・楽しかった活動を教えてください。

〇両日とも医師を目指す学生さんたちが“カッコ良く” ”かわいく” “ステキ”でした。“ひきこもり”について、真面目に向き合い話を良く聞こうという姿勢がとても関心しました。

〇ギターを弾いて学生の方々と演奏をして歌えたこと。自己紹介で学生さん達が飾らずに自分のことを話していて素敵だなあと感じました。引きこもりに対しての考え方がとても柔軟だったのに少し驚きました。偏見を持っていたのは自分かもしれないです。

〇変わった散歩に付き合ってもらったことです。かっこいいえんそうを聴けたこと。

〇みなさんと歌を歌ったり、演奏を聞いたりして楽しかったです。
 普段なかなか聞けないような内容のお話だったりを聞けて、とても勉強になった時間でした。

〇体調がよくないのもあって、人と会ってイヤな思いをさせないか不安だった。
 学生の方々が気軽に声をかけて下さたり、色々な意見を聞くことができてよかった。
 それぞれのカベの対処方法があるんだなと思った。その中のどれかでも、また別の方法でも、自分らしく受け入れられる対処法を探していきたいと思った。

〇医学生の生ライブを聞けてとてもよかった。

〇生演奏が素晴らしかったです。もう一度聴きたいです。


今日の自分にどれくらい満足していますか?不満なところ満足したところを教えてください。

〇緊張はしていたがみんなの前で演奏できたのはよかった。まあまあ正直に自分のことも話せたと思う。休憩時間に学生さん達ともう少し交流できればさらに良かったと思いました。

〇思ったこといきなりポンと言ったほうが良かったかもしれない。

〇最初はとても緊張しましたが、みなさんのお話を最後まで聞けて良かったのでとても満足しています。

〇人に話しかけるのと会話が怖くてあまり関われなかった。

〇まだまだ修行中

〇全然ダメでした。

〇ありのままの姿で出席しました。そして正直に話しました。ロザリン先生のリードが良かったと思います。




Saturday, September 30, 2017

ちょっとおしゃれ〜

気分転換のアートセラピー

ボディペイント




たまに
のんびり時間を過ごしてもいいね~

Tuesday, September 26, 2017

H29 秋田大医学生実習+交流会(月)

【タイムスケジュール】
   ~11:00 学生ふらっと到着
11:05~11:25 センター長のご挨拶 (佐々木 清哉)
11:25~11:40 センター長・事務スタッフとの交流(佐々木、栗林、伊東)
11:40~12:30 施設の説明 + 質疑応答(ロザリン)
12:30~13:30 休憩(ランチタイム・各自ふらっとの外で)
13:30~14:10 ピアスタッフと顔合わせ、自己紹介
14:10~14:40 学生からプログラムを提供
14:40~15:10 休憩
15:10~16:00 テーマトーク
16:00~16:30 感想タイム
16:30~     解散

 熱く語るセンター長さんと、真剣に聞く学生の皆さん



🌜学生アンケート🌛

1.「ふらっと」に見学に来てみて、居心地はどうですか?
  
  ⅰ.良かった  11人  
       ⅱ.悪くはない  2人  
      ⅲ.悪かった      0人

2.本日の活動で印象に残った内容・楽しかった活動を教えてください(いくつでも)
  
  ◯ワークショップでみんなの価値観が違っていたこと。
   うたをうたって、一気に近づいた気がしたこと。
   質問で、思ったよりも閉じこもらずにお話ししていただけたこと。
  ◯引きこもり経験者と直に接したことで、こういった人達もいるのだということを知れて大きな学びとなった。そしてTくんの歌が上手だった。
  ◯作ったアイブレの反応が割りと良く、楽しんでもらえたようだったので良かった。
   利用者さんとお話がいろいろできたのが何より楽しかった。
  ◯アイスブレイキングで、いろんな人の考え方や価値観に触れることができて楽しかったです。
  ◯Fさん、Iくんと一緒にギターを弾き歌ったこと。
   夏色、空も飛べるはずはみんなに歌ってもらえて楽しかった。
   テーマトーク(質問など)
  ◯ここにきている人との会話。
  ◯皆の自己紹介がおもしろかった。
   優先順位を知れて興味深かった。
   ギターの演奏が聞けてよかった。
  ◯アイスブレーキングで行った、大切なものの順位付け。
   ギターの演奏
  ◯みんなで歌を歌ったり、思考問題をしたりしたこと。
  ◯みんなでジェンガしたこと。
様々な考え方をもつ人たちに触れられてよかった。
  ◯ひきこもりの生の声・姿を伺えたこと。
  ◯引きこもりの人たちの話を直接聞けたこと。
  ◯色々なパターンの人がいるな、と。

3.今日の活動を通して、ひきこもりの印象や理解について
  
  ⅰ.変わりました    8人
  ⅱ.変わっていません  4人
  ⅲ.今までひきこもりについて知りませんでした  1人

4.今までひきこもりの人に対する印象や理解はどのような感じでしたか?
  
  ◯話さなそう、すぐキレそう。
  ◯暗い人が多いと思っていた。
  ◯あまり人と話したがらない、閉鎖的。
  ◯特別な問題の有無に限らず、ふとしたきっかけで誰でもなる可能性のあるもの。
  ◯自分の中では大切にしている価値観があったり、言いたいことがあっても言えない人。内向的。
  ◯人と集まったり会話したりすることが苦手な人という印象があった。
  ◯いろいろな才能があるにもかかわらず、人と話すことが少し苦手であるがゆえに、社会から追い出されて家の中におしこめられてしまっている人。何かが大きく欠落しているわけではなく、少し足りないがために不遇なあつかいを受けてしまっている人。
  ◯暗くて、怒りっぽく、人と関わることが嫌いな人というイメージ
  ◯今までひきこもりだった人に会ったことがなかったので、自分の勝手なイメージ(精神的に障害を持っていそう、人とちゃんと話せなさそう等)しか持っていませんでした。
  ◯かつての自分もそうでしたが、人と接することが苦手で、接する言葉に非常に気をつけないといけないなと思っていた。
  ◯自分を表現できず、怒りを抑圧し、自信を失って無力化した人々というイメージでした。
  ◯誰とも話さない、話してもぶっきらぼう…というイメージでした。
  
5.今日の活動を通して、ひきこもりの人への印象や理解はどんな感じですか?

◯皆自分をちゃんともっていて、笑顔がとても印象的でした。いろいろなことがあって今に至っているとは思いますが、打ちとけて、話してみると思ったより近い“人”で、今まで自分の中に偏見があったということに気づきました。
  ◯全体的に自信がないのだろうなという印象を受けた。また、自分のなかにある怒りをきちんと発散できていないのだろうなと感じる人もいた。
  ◯そんなに暗すぎるわけではなく、ふつうの人と何ら変わらない人たちなのだと思った。ひきこもっている人という色眼鏡で見るのではなく、人と人とのつき合いができたらいいと思う。
  ◯自分で自分のことをちゃんと理解していて、「人と話さないと、ダメになるから、ふらっとに来ている」等の言葉を聞いて、その人なりに自分と向き合い良い方向に向かうように自分のできる範囲で努力をしているのだなと思いました。
  ◯少しのことがきっかけで、一時期ひきこもってしまったたけで、僕らと同じで、好きなことがあり、楽しくいきようとしている人。
  ◯もっと自分を社会にどうどうと表現できるような居場所を多くつくっていくことが大切であると感じた。
  ◯ひきこもりの人の中にも色々な人がいて、中には人と関わったりしゃべったりするのが好きな人もいることがわかった。
  ◯今までの印象通り、自分の信念があっても、人との衝突を避けようとするあまり、表現するのが苦手。心を開いている人、自分を受け入れてくれる人には話していると思った。
  ◯価値観の大きな差がある人もいるので、そのような人と関わることが自分にとって大きく成長できる要因になると感じた。
  ◯想像したよりも皆明るくて、普通に話ができた。昔に何があったのかは、わからないけれど、今日話した感じだと、普通に世間にいそうだなと思った。皆自分よりも考えが深くて、かなわないと思いました。
  ◯各々の考えをきちんと言語化してくれて、十人十色だけれども、各々の人間性を尊重する気配りも感じられた。
  ◯引きこもりの人が、外の世界に出てくるきっかけ作りが大事だと思った。
  ◯原因は様々だし、それがどう回復していくかも様々なんだな、と。

6.「ふらっと」に対する総合評価は何点だと思いますか?
  ◯ロザリン先生は愛されてるんだな、と感じました。
   今日来ていない人はわからないけど100点です!
  ◯80点。来てる人たちが楽しそうでよかったけど、そこから先うまく社会復帰できるか不安なので。
  ◯地域ぐるみでひきこもりの支援をしようとしている所に感銘を受けた。今後の期待も含めて80点。
  ◯100/100。とても来やすいフンイキで、誰の居場所にでもなるところだと思った。まだ「ふらっと」のすべてを知ったわけではないですが、最後にみた動画から、人の人生を大きく変えることができる施設なのだとわかった。
  ◯80点くらい。ふらっとは居心地がよい感じがした。
  ◯総合評価は90点。ここまで来るのが大変な方もいると思うので秋田市内にいる引きこもりの人も通いやすい工夫が必要だと思う。
  ◯95点。5点はまだこれからもこの施設を盛り上げていってほしいという期待分です。
  ◯100点です。きれいで、居心地が良く、ジェンガ、ギター、カホンなどがあり楽しい。
   メンバーも楽しそうで、今日の活動も楽しかった。
  ◯満点。
  ◯80/100。ロザリン先生がどれほど利用者さんに慕われているか伝わってきました。
  ◯総合評価は90点かなと思います!もう10点は、もっとメンバーがいるときはどんな様子なんだろう?というところで決まるかと思います。

  ~♡アンケートの協力をありがとうございます!♡~ 



  🌜利用者・スタッフアンケート🌛

1.今日の交流会にきてみて、どう思いましたか?

ⅰ.楽しかった    3人
ⅱ.楽しくなかった  0人
ⅲ.半分ずつ     3人

2.今日の活動について緊張感はどうですか?

ⅰ.最初は緊張したが、徐々に緊張感がほぐれた  1人
ⅱ.最初から最後まで、緊張感で張りつめていた  4人
ⅲ.あまり緊張しなかった            1人

3.本日の活動で印象に残った内容、楽しかった活動を教えてください(いくつでも)

○日頃、あまり関わらない方々との交流だったので非常に緊張した。しかしながら自分
 の思いの丈を述べることができたことは大変貴重だと思っている。
○医学生のアイスブレイキング
 手術の授業の感想
○Fさんの話です。とても心のこもった話でした。
○大学生の放っているふんいきを味わうのも楽しかった。
○最初の自己紹介は緊張で声が震えて不安になりました。ワークショップでは学生さんの人柄が感じられてよかったです。休憩時間には一緒にギターを弾いて歌いました。自分の好きなことを共有できてうれしかったです。質問タイムのとき自分の話をするのは怖さがあったけど、学生のみなさんに聞いてもらえてる感じがありました。
○学生さんが用意してくれたワークショップ。価値観はそれぞれ違っていておもしろかった。みんなで歌ったこと。

4.今日のプログラムに対する総合評価は何点だと思いますか?(10点が満点)
改善点があればぜひ教えてください。

○6点。テーマトークなど事前に考えておけばよかったなと思います。
○8点。改善点は、短い休憩がもう少しあればいいなと思います。
○ふらっとの活動について紹介する時間があればよかった。後半の質問タイムは少し重い空気になってしまったかなと思います。もう少し楽しい雰囲気で終われれば良かった。グループでのトークやゲーム、音楽など一緒にできることがあると交流しやすいのかなと思いました。
○9点ぐらいだと思う。
○8点。ギタータイムがあったのはよかったが、もう一つ位遊び的プログラムがあってもよかったと思う。
○6点。学生の方々にいいプログラムを提供できたかは大変疑問に思っているが、悪い雰囲気にはならない分良かったと思っている。

5.今日は自分にどれぐらい満足していますか?
  自分に対する総合評価をつけてみてください(10点が満点)
  不満なところと満足するところを教えてください。

○ふらっとの歯車の一部として機能できたかは疑問に思うが、そこそこ満足している。
○9点。若者と交流できた。今後もできたらいいなあと思う。
○9点。
○初対面の学生さんたちと短い時間の中で、自分の緊張をほぐすのが難しかった。自分のことに精一杯でスタッフの仕事やあいさつとか交流があまりできなかったかなと思います。ギターや歌ももっとできればよかったですが…。
○5点。話にまとまりがなく、周囲のみなさんに助けてもらうことが多かったです。
○3点。緊張しすぎて上手く話せなかった。学生さんに気を遣わせてしまった気がする。
  
 

Monday, September 25, 2017

日曜日のプチアートセラピー


松本君が左手で描いた絵



ギブズアート

Monday, September 11, 2017

ふらっと Q&A


今年の3月のふらっと3周年記念講演のとき、来てくださった方々から、発表した5人のメンバーへ色々な質問がありました。
質問タイムの時間が足りず、その場で答え切れなかった質問のいくつかを、改めてみんなに答えてもらいました。

========================================

質問1

【ふらっとには何人ぐらい来ますか?年齢はどのぐらいの人ですか?】

毎日のように来ている人もいますし、たまに疲れをとるために休憩に来てくれる人もいます。居場所として、人と触れ合う場として使っている人が多いと思います。多い日は10人超え、少ない日は2~3人。年齢は20代から50代まで幅広いです。現在の中心メンバーは30代くらい。

質問2
【5人の皆さん、ありがとうございました。皆さんのお話を聞いて、少し元気も出てきました。私は、家族会を始めて、1年半になります。その間、(ロザリンさんを含め)いろいろな人に出会ってどんどん自分が楽な気持ちになってきているのを感じています。皆さんのこれまでの変化、現在の様子に、ご家族は何か変化がありましたか?】

・仲間がいるという安心感が得られた。出かける場所ができたことにより、一人で落ち込んだり自分を責める時間が減った。

病状がひどい時は一緒になってがんじがらめに悩んでいました。親もお手上げ、私もどうしていいか親子共々困ったという状態で申し訳なかったです。

ふらっとに通うようになってから、だんだん親の方が「困った」を手放してきたというか、ふらっと自体にはあまり興味がないように感じますが、私の反応を見て少し安心してきてる感じです。ふらっとに通ってることにあまり心配してないように今も感じます

正直良く分からないです。一人暮らしを始めて、距離が出来たので、とても楽になった。家族は、認めてくれているようにも思う。でも実家に戻ると苦労も出てくる。両方ありますね。

質問3

【”ふらっと”の中の人の関係(和)はどのようにして築きあげられてきたのでしょうか?】


ふらっと内の人間関係は全て良好というわけではないと思います。良好でないからこそ、どうしたら良好になるか考える力⁉が身に付くのではと思います。

お互いのことについて少しずつ話して、うち解けていった。

・私は無理に関わらないことで、いい距離を保ててる感じがします。苦手な人もいるし、すごく相性がいい人もいます。いろんな機会を通して、話す機会があると苦手な人でもひょんなことでその苦手がなくなったりする時もあります。お互い仲良くしなきゃとガツガツしてないからいいのかもしれないです。わりと中ではみんな自由です

・ふらっとで回数を重ねて会う中で少しずつ気心が知れてくるように思う。自分の場合はスローなので、時間を掛けてゆっくり仲良くなりたいと思っている。


質問4
【4月からの目標など(ふらっとでも、個人でも)ありますか?】

短時間でもいいから仕事をする。

だいぶ時期が過ぎてしまったのですが、今からの目標はふらっとの掃除を頑張ることです。やりたいと思えることを自分からやることを頑張りたいです

・ピアスタッフ制度が始まるので、挑戦してみたい。自分の企画したイベントをやってみたい。


質問5

【ひきこもっている若者の存在を把握するのはなかなか難しいのですが、皆さんの友達や知り合いにひきこもっている人はいますか?もしいた場合、その方にふらっとの良さを伝えたいと思いますか?】

友達や知り合いに引きこもってる人はいません。もしそういう人がいたら、是非ふらっとに誘いたいです。

引きこもりではないですけれど精神疾患があったり予備軍のような人はいます。本人がふらっとのブログを見たり、どんなことやってるかを話して興味があれば誘いたいですけど、無理にはしないです。

・はい、います。その人との話の中でふらっとのような場所を求めていると感じたら、情報として紹介したい。


質問6
【ABSの番組で取り上げられたいきさつを聞きたい】

取り組みが面白い・珍しいから?

Blog Archive