イベントカレンダーをクリックするとイベント詳細情報を表示されます。これから日替わり店長やスタッフ達もだんだん増えてきますので、気楽に遊びに来て下さい。

告知:平成28年11月13日から、ふらっとの専用電話070-5373-2324が休止します。m(_。_)m新しい電話の使用をまだ検討しているところですが、後日に改めて連絡させていただきます。申し訳ございませんですが、しばらくの間ですが、用事や連絡は1coin.furatto@gmail.comのほうにお願いいたしますね。よろしくお願いいたします。

ふらっとの行事

木曜日 音楽の日(ギター、ミュシカールなど) 金曜日 創作の日(編み物、切り絵、折り紙、木工など) 土曜日 勉強会の日(当事者勉強会、カフェ講座、人間関係など) 日曜日 イベント、パティー、遠足など 月曜日 のんびりの日、何もしないは基本(^^)

※必要に応じて時間外の相談が可能です。シャッターが空いてたら、いつもご気楽にどうぞ~。または、メールでもオッケーです。

事務室

大仙市子供・若者総合相談センター 特定非営利活動法人光希屋(家) ロザリン研究室(地域作り・若者メンタルヘルス・精神リハビリ)
連絡先:1coin.furatto@gmail.com

Labels標記

Friday, January 5, 2018

<ドキュメントり写真>カフェ講座 1月8日(月)

1月8日(月)ふらっとでスぺシアルイベントがあります。
<ドキュメントり写真>カフェ講座です。
講師は:Elijah Hurwitz (ドキュメントりの写真家)
作品はTIME, The New York Times, The Los Angeles Times, The Atlantic Magazine, The New Yorkerに載ったことがあります。
詳しく↓
写真でストーリーを語る人ですね。
(左右下ストーリーのところもクリックしてみてくださいね)

良かったらどうぞ~
1月8日(月)
12:00~13:00 打ち合わせ
13:30~14:30 プロの撮影カフェ講座
14:30~17:00 交流(もしくは撮影???)


ではでは。
興味あったらぜひ~(^^)

Sunday, December 31, 2017

忘年会


今年の忘年会は9名の参加者。
みんなで食べながら、今年の一年を振り返って色々お話しました。


食べ物メニュー:
シュトレン、
シュガークッキー、
ステイングラスクッキー
店長Rのグラタン、
六順園の中華料理、
藤田のチーズケーキなど。



2017年の振り返り
1)回復。いろんない意味でふらっとに行っていた。ここがなくなったらどうする?と自分の中でいつも考えた。はじめは反発したけど、ここに来て良くなってきて、ここで完全になったら、どうするかも考えている。自分では、ここがしっくりくると思います。鬱の状況もだんだん減ってきて、希望が見えてきてる。直感ではね。

2)6月に自分のせいで自分が病気になったのではないかと、自分を責め、落ち込んでいた。今年初めてふらっとに来て、普段もあまり気分悪くならず、前進していると思う。前の年と比べて少し良かった。いろんな教室やセミナーに参加したが、そこは年配の人が多かった。ふらっとでは同年代人と話しできて、自分が一人ではないという気づきがあったことで、気楽になった。

3)ふらっとと出会ったこと・挑戦すること・最初は少しずつ通うになって、ピアスタッフ兼利用者であったことも、大きい変化でした。挑戦したくなって、階段を上っていきたい気持ち。自分のテーマは何?と考えたところ、「置かれた場所で咲く」

4)流されている自分がいると気づいてますが・自分が何かをしたいでもない。何かやらなきゃいけないといった追いつめられる実感がまだない

5)破壊と再生の一年。怪我のせいでこころが折れたり、夜になって感情がわいたりする、不安を減らすために何をすると考えている

6)予想外。突発の変化が多かった。追いつかないところもあり、楽しむこともあった。自分もいろいろ考えるようになり、新たなステップへ進みたい

7)充電・放電の一年。自分を見ても、皆を見ても、チャージしている一年。そろそろ自分の気持ち・将来も少し整理していく必要があるかなあ

8)ピアスタッフの挑戦。予想外のことも多い、会社の問題、家族の健康。家族との関係を整理しずつ、当たり前だと思ったいたことは当たり前ではないと気づく。付き合い方について、教えさせられた。ふらっととの関係。結果的に、今思っているのは、その時々、大事にできればいいかなあ。

9)マイペースの一年。病気→つらい→楽しいことが多かった年。いろいろ試してみて、自分ができなかったことができるようになった。流されないようにできた。ふらっとにあまり参加しなくても、一年の終わりに、ふらっとで終了することは自分中の伝統であり。久しぶりにふらっとに来て、皆と交流して、自分が元気になっている気がする。その気持ちが変わらないことに気づく。家と同じような存在と感じる。





2018年の希望
1)体調がよくなり気持ちも落ち着いて希望を持てるようになっている。人生を楽しむ!!!先生に「回復すすれば自分を責めなくなる」いわれたことで、気持ちが楽になって、未来は明るい決心!来年もっと自分を責めることが減ることを願い、今までできないことを取り戻したい!

2)より健康的になる、社会人を遅れた劣等感を乗り越えたい。

3)自分でできれば自分で作っていく。音楽もっと上手になりたい。演奏会でも開こう~自己否定をやめよ。

4)少なくても1回バイトしよ!

5)こころの波をうまく受け取る。プラスマイナスどんな事も全部受け止めてマイペースで前に大事に思って

6)リラックスで充実した一年を迎え、たくさん学ぶ。幸せをつかむ・大事な人と大事な時間を過ごす。自分の中に大切な時をちゃんと覚える



お互いのあだ名を考えてみた。
皆さんのあだ名、どれがだれかな???

物知り軍曹、メガネ哲学者、ロマンスグレーのおにいさん、松っちゃん、キチリン、ひまわりピアノマン、ぬるぬま君、のびのび君、まじめメガネ君、団子パティシエ、ラシャンオリーブ、ふらっとクイン、みさとさん、ハイテンションマレーシアン、先輩、遅れる同級生、ラージア鈴木、サラサラヘアマスクマン、ピアノマン、サラサラヘアマッチョマン、ロザロザ、海底の針、哀愁紳士、インテリさん、ゲーム達人



Monday, December 25, 2017

今野カフェ講座「数学とルテール500周年」

12月17日(日)
お久しぶりに、
今野がカフェ講座を開いてくれました。
数学と歴史
難しいかったけど、楽しかったな。



改めて、数学講座を通して、
現在のふらっとのスタッフの組み合わせは
一人店長、一人副店長、一人の事務は
7920の1の比率にあたったことを良くわかりました。
そして、
今度カフェを成立すると、
一人店長、二人副店長(居場所+カフェ)、二人の運営スタッフ(居場所+カフェ)
その組み合わせでは、
83160の1の比率になることを改めて理解しました。
すごい縁ですね!
びっくりしました~♡



あと、
ルテールの思いや
その時代の背景など
知ることができた。

岸の感想
たまにこういう学術のものとふらっとのくつろぎの活動を合併していくことも面白いですね。

ここは、単純にRの思いです。(^^)
歴史の講座を受けて、感じたこと~
①ルテールの思想が広まったきっかけは、同時にドイツの印刷術が成熟したタイミングでもあったこと
②ジェスイット派は半プロテスタントため誕生したこと
③ジェスイット派はアジアに来られた時代はコロンブスの大航海時代と一致していること
☛ヒーローが時代を作るのは間違いないですが、ヒーローはヒーローになれることも時代ですね。そして、ヨーロッパとアメリカ大陸は宗教改革にも繋がっていたんだなと思いました。
何日かたって、感じたこと
☛時代を進むと新たな困難や問題が生まれ、その時は信念が人を支える。
1週間たって、感じたこと
☛信仰から宗教と信念を生まれる。宗教と信念は必ず同じものではないを気づいた。




Thursday, December 21, 2017

今週から年末年始のお知らせです!

12月22日(金)編み物教室02
12月23日(土)クリスマスクッキーつくり、キャロルリング練習、メッセージカードを書く(宛先はキャロル先の方々や大事な人たちに~)
12月24日(日)キャロル(予定:大曲ルテール教会、焼き芋のおじいさん、西村自転車やさん、栗林さん、岩佐さん)
12月25日(月)休み
12月28日~12月29日(木~金)通常開店
12月30日(土)忘年会
12月31日(日)休み
1月1日~1月3日(月~水)店長Rのんびり当番~家族と一緒に楽しくできればベスト、無理なら遠慮なくふらっとにお茶をしに来てくださいね。(^^♪
1月4日(木)~ 通常開店


メリークリスマス and Happy New Year!

Thursday, December 14, 2017

今週後半の通信(いろいろ)

来年に向かって、週1回のカフェを開業するために
今年のファイザーの市民活動助成金を申請し、見事審査に受かることができました!
9月ごろふらっとでの取材の時、
栗林、イルカ、深じゅん、このみが一緒に同席していました。
中堅世代のひきこもりの人々が気楽に集まるソーシャルカフェ~「35カフェ」
http://www.pfizer.co.jp/pfizer/company/press/2017/2017_12_07.html

今年のひきこもり支援に関して助成ですが、3つ団体がありました。
一つは、私たち!
一つは、岩手県にあるSAVE TAKATAという団体です。ひきこもりの農業
もう一つは、沖縄にある団体です。ひきこもりのコーヒー農園
(お互い交流できればいいですね~☆♡)

審査員のコメント以下の通りです。
1.
「ひきこもり状態にある中堅世代への農業を通じた心とからだの健康自立支援事業」(SAVE TAKATA)は、岩手県陸前高田市のりんご農家と連携しながらひきこもりの方々の就労支援に取り組み、「中堅世代のひきこもりの人々が気楽に集まるソーシャルカフェ~『35 カフェ』」(光希屋 (家))もまた、ひきこもりの方々の居場所として、秋田県大仙市に拠点となるカフェを構えてい ます。 」

2.
『35 カフェ』」(光希屋 (家))の助成を受かった理由:
「本団体は、2013 年 11 月にひきこもり当事者の居場所として「ふらっと」を開設し、お話し会や勉強会などの交流を通じて、当事者同士やスタッフとのコミュニケーションを図ってきた。 本プロジェクトでは、今まで「ふらっと」を利用して社会とのつながりが持てるようになった ひきこもり当事者の自立支援を展開するため、30 代から 50 代のひきこもり当事者が気楽に利用 できる「35 カフェ」を開設し、当事者がその運営を担う。 潜在的なひきこもり当事者が、お茶を飲みに、ランチを食べに立ち寄る「カフェ」とすること で、近所の人にひきこもりと認識されにくい配慮をしている。すべての人が顔見知りという小さ なコミュニティならではの問題に対応したプログラムとなっており、大都市ではない地域におけ るひきこもり当事者の自立支援のモデルケースになるよう期待したい。」

そういうわけで、
12月14日~16日 店長Rと栗林が上京です!
ファイザーの市民助成金贈呈式に参加~
15日の午後4分のスピーチ時間をいただいています。
秋田とふらっとの発信を頑張っていきたいと思います。
(岩手県と沖縄県の団体さんと仲良くしてくるね~(^^))
細かいことは帰ってきたらまた話しましょう!
その間、
ふらっとの面倒は
皆さん、よろしくお願いしますね。

14日 あこ店長と藤井店長
15日 あずさの店長体験日、深じゅん補助
16日 Aの店長体験日、岸補助
17日 あこ店長と岸店長



12月17日(日)は今野カフェ講座!
店長R・栗林の報告もあり!

13:30~14:00 上京の報告
14:00~15:30 今野カフェ講座「数学・歴史!」
16:00~      忘年会の打ち合わせ (日時・活動内容を決める)




冬の仕事分担について

一緒に汗をかいて、楽しく
ふらっとを居心地よい場所にしましょう!(^^)


スタッフと利用者の仕事↓






Friday, December 1, 2017

九州の旅・発表・成長

11月12日~20日 ふらっとのメンバーは、九州の旅をしました。


秋田 → 福岡空港 → 大分 → 久留米 → 小倉 → 福岡空港 → 秋田

Rの研究活動の付き添いもありますが、スタッフ研修の旅でもあります。

知り合いの紹介で、まず大分のふくろうの森ビルに見学に行きました。
次は、日本精神リハビリテーション学会に参加。
最後は、北九州の抱樸館に見学に行きました。


大分ふくろうの森カフェの見学・研修・交流
サンドイッチ美味しかった~ 


ふくろうの森の案内員、多才な方です。


皆さんのプチ社長体験~




Rの顔より大きいもものから揚げ





















癒された一瞬


ポスター発表係ーふらっとの3大美男子



頑張って人と触れながら自分の体験を伝える姿





発表会の様子

発表会を終わって~ 新たな出会い


ひきこもりを乗り越えー僕らの変化 2017.11.18(土)久留米


【発表者アンケート】

①今日の緊張度は?(講座・プログラム前)0から10点

  • 8点
  • 7点
  • 8~9点


②一番そわそわ感じたことは何でしょうか?

  • プロジェクトを成功させることができるのかと思ったこと
  • 前の発表が終わってすぐ出番だったので心の準備があまり出来なかったこと
  • どんな人が来てくれるのか、自分たちの話がどのように受け止められるのか


③皆の前で自分が司会をして、自ら進んで、普段はやっていない・話してなかったことをして、どういう気持ちでしたか?

  • 大曲の交流センターの3倍緊張した
  • 緊張もあったが、知らない土地・知らない人の前で自分の話をするという開放感のようなものもあった
  • 支援者的な人が多かったせいか、わりと興味を持って聞いてもらえたようで良かった。学会という場もあるかもしれないですが、聞いてくれる人たちの真剣さに、自分たちの話ってけっこう大変なことなのかなとおもいました


④プログラムに参加してくれた人たちと交流をしてみましたか?どういう感じでしたか?

  • あいさつ程度しか交わっていない
  • ひきこもりについて興味を持ってくださる方、自分も同じような体験をしたことがある方が参加されていて、自分の話に応答してくれているのを感じて場があたたかい感じだった
  • あまり交流はできなかった、グループに分かれて、話す時間があっても良かったかもしれないです


⑤現場の雰囲気はどうでしたか?(自分にとって)

  • 緊迫していたように見えたが、その分人がいなかった気がする
  • うなずきながら聞いてくれていたので興味を持って聞いてくれているという
  • 知らない人たちばかりで緊張はあまりとけなかったですが、自分たちの話に応えてくれる空気があった


⑥最後は、一言の感想をお願いします

  • むしろ、こんな体験があるからこそ、人は成長できるのかもしれない
  • どうなるか不安だったがみんな正直に自分の話をしていたし、参加者も真剣な空気とあたたかさもある雰囲気でとてもよかったと思う
  • 去年よりはシンプルに話ができたかなと思います


⑦最後の最後ですが、今日、一番うれしかったことを教えてください

  • 終わった後の達成感
  • 最後に関西のPSWの方といろいろ話せたこと。共感できるところが結構あった
  • とりあえず無事に終わってよかった



【参加者アンケート】

①ひきこもりを経験している方の体験談を聞くのは初めてですか?

  • はい  2人
  • いいえ 5人


②当事者の体験談を聞いて、思いついたことがあれば教えてください。

  • 地域の感じが良さそう
  • 体験談を聞くのは大切だと思いました
  • 人と会いたくない、喋りたくないと思う反面、人と繋がりたいと思うというお話が印象的でした
  • 当事者の声が聴ける場があると、もっとサポートする場所やサポートの仕方が変わってくる気がしました
  • 佐藤さんの「自分の好きなことをしたほうがいい」ということばが、ストレートで本当に大切なことだと思いました。岸さんが「うつは不安の重症化」とご自身の考えがもてていることがいいなあと思いました。深川さん藤井さんからは本当はどこかで発揮したいエネルギーがあるのではと感じましたが、見つかるといいですね
  • 共感することが一杯ありました
  • ほーとする感じでした、出てきてよかったなと


③「ふらっと」の支援のあり方に関して、疑問や思いついたことがあれば教えてください。
  • みんなが自信を持ってたのがよい
  • ペンキ塗ったのが本当良かったと思います、場所があるといいですね
  • 名前も内容もとてもいいと思いました
  • ひきこもりを経験されている方は”ふらっと”いける場所が必要だと思いますが、まだまだそのような場所が少ない気がします
  • SSTなど当事者が居場所だけは出せない悩み共有のプログラムは使っておられるんでしょうか?(途中から入ったので聞けずすみません)
  • 障がいに対する支援ではなく、状態に対する支援という点に驚き、気づきを得ました。来る自由、来ない自由


④この2~3年間に、ご自身の変化がありますか?(障害と関係なく)もしあれば、教えてくれませんか。

  • 今年、横浜市で引きこもりSOSを始める
  • 自分が思っている以上にストレスや疲れがあることに、後々気づきことがある
  • 楽しく仕事をしていたが、最近業務量が増えすぎて、「楽しい」と思える時間が減った気がします
  • 〇〇〇として勤務し、日々の内容が重なって、過去のひきこもり体験にふたをしているところです。本来のリカバリーの実現はできていませんが、これから過去の自分も整理をあっていきたいなあと思っています
  • いつまで今のように仕事(質の面で)ができるか不安になってきた
  • 病院行くのとか、手帳とかを返そうと思い始めていること
  • あまり大きな変化はありません


⑤今日の集まりに参加してみての印象、または感想を教えてください

  • ゆっくり時間をありがとうございました
  • しっかり人前で話せるのはすごい
  • 自分だったら人前で話すのはとても緊張するので、皆さまみたいに話せないなって思いました。自身の経験を整理して話してくださって、わかりやすかったです。ロザリンさんへの信頼、仲間同士の支えあいを随所に感じました
  • ひきこもりを経験されている方は、「人とつながりたくない」と考えられていると思っていました。大変貴重な話が聞けたと感じています
  • 自分のひきこもり時代にみなさんとお会いできたらどんなに良かったかと感じました。共感できる場があること自体羨ましいです
  • 非常に為になりました


⑥最後に、加えたいことがあれば、ぜひ一言

  • 秋田に行きたいです
  • 機会があったら鹿児島に来てください、温泉、黒豚、焼酎、桜島
  • ひきこもりの情報を多く知りたい、引きこもりSOSのホームページもあるので、の見てください
  • 皆様の言葉で、思いや経験を聞かせていただいて、とても貴重な時間となりました。このプログラムに参加して良かったです
  • 秋田から福岡まで本当にお疲れさまでした。皆さんとお会いできて本当に良かったです。これからの糧にしていきたいです。ありがとうございました。誤字が多くすみません




終わり
⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂






初屋台ラーメン体験


抱樸館の見学・研修・交流

最強な組

優しく丁寧に説明してくれた管理員(^^)



その後、下関市に散策。

Thursday, November 9, 2017

僕たちの変化!

11月7日(火)
大仙市地域包括支援ネットワーク研修会
テーマ「ひきこもりの自立支援に関して、僕たちの変化~」
講師:ロザリン、淳一郎、このねこ、あきこ、キシ(ふらっとピアスタッフ)

ふらっとのメンバー側をいれて、40人弱の集まりでした。
いろいろ質問もあって、発表は無事に終わりました~

前回と同じのテーマですが、今回の発表は前の発表の内容とだいぶ変わりましたね。
やっぱりそれぞれの成長や経験があり、
ピアスタッフになって良かったこと、苦労など
素直に語りましたね。



ふらっと発表者の感想です~

「緊張する反面、楽しかった。どっちかというと、久留米に行くのが緊張する~(><)」
「80代の親、50代の息子、やっぱり誰か行って、波風が立てばいいのかなあと思ったんだけど、言えなかった。(><)...嵐があればね」
「今回本当に直前まで参加しよかどうかすごく悩んでた、ぶつけ本番のような形になったので、ほとんど感情的な感じで、本当は自分が何を話したのか全然覚えてないし、ちゃんと伝えられたかどうかも不安....... 」
「発表はしていないけど、それでも場の緊張感が~発表側も聞いている側も全然知らない方だし、その緊張感は。。。皆さんは結構しっかり落ち着いて話してて。。。」
「それだけ真剣に聞いているもあると思いますけど、やっぱり今回はどきどきという緊張よりは眠くなって~(笑)今回もぶつけ本番、原稿も書いたんですけど、全然参考にはしなくて、自分の気持ち思いのまま感じて、素直で話したら良いなあという感じで話そうと」

ある参加者の感想

ピアスタッフのみなさんの発言や言葉にとても感動して、帰りの車中はその話でいっぱいでした!
もう少し「ふらっと」のことも聞きたかったな。
様々な経験や壁に向き合ってきた方々がいる「ふらっと」だから、私は通えているんだな。と改めて思っています。


当事者の方々の想いを聞く大変貴重な機会をいただきありがとうございました。



つぎは
11月17日(金)
久留米大会:ポスター発表(実8)
「ひきこもりから踏み出す一歩:安心、仲間、つながり」
場所:久留米シティプラザ (4F中会議室)
時間:15:00~16:30



11月18日(土)

久留米大会:自主プログラム18
「ひきこもりを乗り越えー僕たちの変化」
講師:ロザリン、淳一郎、このねこ、ふかじゅん、キシ(ふらっとピアスタッフ)
場所:久留米シティプラザ 第6会場(5F大会議室3)
時間:15:00~16:30



発表の場を借りて、全国各地から集まってきた当事者の皆さんのことを知りたい。
① ひきこもりの状態から外に踏み出す一歩
② ピアスタッフされている方々の経験(よろこび、苦労)♫♫

Blog Archive