イベントカレンダーをクリックするとイベント詳細情報を表示されます。これから日替わり店長やスタッフ達もだんだん増えてきますので、気楽に遊びに来て下さい。

告知:平成28年11月13日から、ふらっとの専用電話070-5373-2324が休止します。m(_。_)m新しい電話の使用をまだ検討しているところですが、後日に改めて連絡させていただきます。申し訳ございませんですが、しばらくの間ですが、用事や連絡は1coin.furatto@gmail.comのほうにお願いいたしますね。よろしくお願いいたします。

ふらっとの行事

木曜日 音楽の日(ギター、ミュシカールなど) 金曜日 創作の日(編み物、切り絵、折り紙、木工など) 土曜日 勉強会の日(当事者勉強会、カフェ講座、人間関係など) 日曜日 イベント、パティー、遠足など 月曜日 のんびりの日、何もしないは基本(^^)

※必要に応じて時間外の相談が可能です。シャッターが空いてたら、いつもご気楽にどうぞ~。または、メールでもオッケーです。

事務室

特定非営利活動法人光希屋(家)   ロザリン研究室(地域作り・若者メンタルヘルス・精神リハビリ)
連絡先:1coin.furatto@gmail.com

Sunday, February 15, 2009

Estimations is easily fallacy

Estimation of Hikikomori Numbers

1,000,000 (1999, Tamaki Saito)
800,000 - 1,400,000 (2001, Ogi Naoki)
1,000,000 (2001, Kiyoshi Kaneyoshi)
150,000 - 360,000 (2003, WMHJ 川上)
50,000 - 1,000,000 (2005, Dziesinski)
100,000 - 320,000 (2006, Jones)
60% of the population (2007, Hattori Yuichi)

These numbers were estimations mostly subject to ecology fallacy. Many had reported this based on an instinct out of clinical experience rather than true facts. The reason to this is due to (I) the inconsistent definitions given to hikikomori; (II) the experts' opinions/clinical experience but not community study. 

With these biases, we need to be aware of (a) the figures and (b) the suggested causes and (c) interventions that currently practice. May the Lord lead us to His humble practice, shalom!

Questions......


Is Hikikomori a self-imposed isolation? Is it a fact of losing out in the tides of the constant changing social structure? Is it a voluntary behavior or involuntary behavior? What are the current interventions? Is what we believe of the facts today is true? Is family a part of the intervention?

Friday, February 13, 2009

Blog Archive